パソコミ誌『あ』の電脳版

猿若句会直近の[例会特選句集]、連句・友多加座の[最新巻]、私家版辞典[酷誤呆典]、掌エッセイ[信想究迷]などなど

猿若句会特選句集 2020年1月例句=初句会­

◎=特選  ○=秀作  △=佳作

 

◎  初鏡ますます母に似てきたりく 川上登美枝

◎  なずな這う荒畑はるか富士の山  原 健一

◎  煮凝や話せば長き後日談  丸本 武

◎  初詣願いの風が絵馬鳴らす  古明地昭雄

◎  東山昏れて祇園の初灯  中村克久

◎  退院の友より電話四温なり  花柳小春

◎  春日野に小鹿まどろむ小正月  柴田弘

◎  初笑女三人総崩れ  宮島久代

〇  伝え来し火消しの心梯子乗  長谷川英夫

〇  賽銭を少しはずんで初詣  高橋 均

〇  一坪の家庭菜園鍬始  中村呆信

〇  未知の日々丸めを戻し初暦  児玉竹子

〇  三寒の冴えたる月の白さかな  内野和也

〇  玄関のドアに小さき輪飾りが  伊藤 理

〇  受験期は三寒四温の日が続く  佐竹茂市郎

……………………………………………………………………

[ひとこと] 「知の木々舎」のブログの前号の「短評」欄に、例をあげながら類句を一番戒めたいと書いた。タイミングを逸したことと今月が初句会であったことから、逆に今月の巻頭句も類句になってしまった。このブログ『あ』では、結果だけを載せて短評欄はなかったので今号から設けることにしました。

◆なお、知の木々舎のブログhttp://blog.so-net.ne.jp/chinokigi/ 月前半期(1~14日)には「猿若句会秀句選」が掲載されています。

 

 

猿若句会特選句集 Ⅱ-4

 

2019年12月例句会(2019年12月21日)

◎=特選  ○=秀作  △=佳作

 

◎  どの子にも一つは台詞聖夜劇  伊藤 理

◎  譲られし席に着ぶくれ納めけり  高橋 均

◎  語尾濁し葬の挨拶年の暮  児玉竹子

◎  恙なく只恙なく柚子湯浴む  内野和也

◎  一つ程小さき望みの余生あり  川上登美枝

◎  大小の実をとり混ぜて柚子湯かな  宮島久代

◎  姉妹市の友好碑古り枯尾花  中村克久

〇  アフガンの鉄人逝きぬ冬至粥  古明地昭雄

〇  極月の噂に尾鰭つきにけり  大橋一火

〇  冬至夜の少し癖あるロゼワイン  丸本 武

〇  極月や逝き人みな懐かしく  花柳小春

〇  湯と料理七尾を選ぶ冬の旅  佐竹茂市郎

〇  廃線の鉄路侘しや枯尾花  柴田弘

〇  北の空影濃き尾根や雪催  長谷川英夫

〇  炭の音が響く茶席に山茶花が  原 健一

△  四五本が高々と枯る枯れ尾花  中村呆信

 

 

 なお、知の木々舎のブログhttp://blog.so-net.ne.jp/chinokigi/ 月前半期(1~14日)には「猿若句会秀句選」が掲載されています。

 

 

猿若句会句会特選句集

2019年11月例句会

 

(2019年11月16日)

◎=特選  ○=秀作  △=佳作

 

◎  金粉は盃の底恵比須講  中村克久

◎  整然と薪積み終えて山眠る  佐竹茂市郎

◎  晴れゐても影淡かりし冬ざくら  伊藤 理

◎  ふるさとは西に海あり山眠る  高橋 均

◎  小春日に輝くティアラ背伸び見る  長谷川英夫

◎  浅漬けの市に残れる江戸情緒  柴田弘

◎  スティックも靴も遺品や山眠る  児玉竹子

◎  何もかもみんな抱きて山眠る  宮島久代

〇  山眠る一揆の記憶秘めしまま  丸本 武

〇  絶景の尾根に人無し山眠る  原 健一

〇  地滑りの疵ありありと山眠る  大橋一火

〇  庭下駄や日差し恋しき今朝の冬  内野和也

〇  光る葉に黄金が映える石蕗の花  古明地昭雄

〇  山眠る免許返上そろそろか  花柳小春

〇  多摩連山うつらうつらと微睡めり  中村呆信

△  眠りつくひととき前の山の宴  川上登美枝

 

 

 

 なお、知の木々舎のブログhttp://blog.so-net.ne.jp/chinokigi/ 月前半期(1~14日)には「猿若句会秀句選」が掲載されています。

 

 

猿若句会2019年10月例句会特選句集

(2019年10月19日)

◎=特選  ○=秀作  △=佳作

 

◎  箸使ふ国こそよけれ秋刀魚焼く  丸本 武

◎  鐘楼にしばし夕陽や萩の寺  原 健一

◎  秋時雨傘持つ人と持たぬ人  高橋 均

◎  風炉の陽に袖も乾かず秋時雨  中村呆信

◎  焼きたての秋刀魚醤油を跳ね飛ばす  佐竹茂市郎

◎  大皿に小さき秋刀魚や酒二合  大橋一火

〇  紅葉する林の奥の祠かな  柴田弘

〇  柿干して過疎の古里はなやげる  伊藤 理

〇  お茶席の懐紙しとっり秋時雨  宮島久代

〇  木犀の香に誘はれて遠回り  花柳小春

〇  秋彼岸宗派を問わぬ新霊園  中村克久

〇  一本は椋鳥のもの並木かな  川上登美枝

〇  哀れかな延命草に鵙の贄  古明地昭雄

〇  秋最中鍛えし体芝駆ける  長谷川英夫

〇  柿熟れて今も残りし屋敷林  児玉竹子

 

 

 なお、知の木々舎のブログhttp://blog.so-net.ne.jp/chinokigi/ 月前半期(1~14日)には「猿若句会秀句選」が掲載されています。

 

 

 

猿若句会2019年9月例句会特選句集

 

(2019年9月21日)

◎=特選  ○=秀作  △=佳作

 

◎  首筋に後れ毛繋り秋日傘  児玉竹子

◎  種バレの二時間ドラマ見る夜長  丸本 武

◎  台風の暴れし跡の闇深し  長谷川英夫

◎  心配の種は尽きねど南瓜煮る  宮島久代

◎  新涼やイエスは永遠に首をたれ  中村克久

◎  追加して新蕎麦二枚啜りけり  高橋 均

◎  デラシネや帰り損ねた海猫と居る  中村呆信

◎  山越えや芒の向こう富士の山  原 健一

〇  茶屋街の糸のほつれや秋簾  花柳小春

〇  秋の灯や好きな映画の話など  川上登美枝

〇  小さき首ごろり転がる衣被  大橋一火

〇  種子島薄が原に鬨の声  古明地昭雄

〇  目を閉じて瀬音の秋の響きかな  内野和也

〇  蹴りあげしボール吸い込む秋の天  柴田弘

〇  馬ねぶた燃えてたちまち九月かな  伊藤 理

△  愛犬の首輪を競う秋の道  佐竹茂市郎

 

 なお、知の木々舎のブログhttp://blog.so-net.ne.jp/chinokigi/ 月前半期(1~14日)には「猿若句会秀句選」が掲載されています。

 

 

猿若句会2019年8月例句会特選句集

 

(2019年8月17日)

 

 

◎=特選  ○=秀作  △=佳作

 

◎  ロシア文字溢るる島の墓洗ふ  丸本 武

◎  どの子にも頼るあてなし鰯雲  高橋 均

◎  田の神に一献捧ぐ秋祭  中村克久

◎  大太鼓初御披露目の秋祭  児玉竹子

◎  叱られて上眼づかいに蜻蛉見る  宮島久代

◎  ソーダ水透けて見えるは貨物船  伊藤 理

◎  黒き雲切裂き一閃稲光  柴田弘

◎  すすり泣く胡弓遠音に風の盆  花柳小春

〇  秋祭親子三代山車の上  佐竹茂市郎

〇  終戦日只管打座の老比丘尼  内野和也

〇  輩天気図や台風三つ併せ見ゆ  丸長谷川英夫

〇  綿飴は雲の形に秋祭  大橋一火

〇  八月や親不孝して喜寿みかへ  川上登美枝

〇  はんなりと簾の先の立ち姿  古明地昭雄

△  豊年だ無神論者も秋祭  中村呆信

△  参道に笑顔が満つる秋祭  原 健一

 

 なお、知の木々舎のブログhttp://blog.so-net.ne.jp/chinokigi/ 月前半期(1~14日)には「猿若句会秀句選」が掲載されています。